ディーラーのメリット

手間をかけずに手続きが進められる

中古車を買取ってもらうためにはいくつか方法がありますが、その中の1つがディーラーで下取りをしてもらうケースです。ディーラーで下取りしてもらう場合、新車の購入が前提であり、現時点で使っている車を下取りしてもらうことになります。下取りしてもらう大きなメリットは、手間をかけずに手続きが進められる点です。ディーラー側で古い車の処分を代行してくれますが、そのときに必要な書類の準備も行ってくれます。そのため、時間を大幅に節約することが可能です。ディーラー側とすれば新車の購入を促したいことから、面倒な手続きが不要な下取りサービスを実施しています。そのため、高く買取ってもらいたいというこだわりがなければ、ディーラーで下取りしてもらうのも1つの方法です。

値引き交渉できたり価値のない車でも値段がついたりする

ディーラーでの下取りは、新車の値引き交渉につながります。何故なら、下取りというのは買取とは異なり現金が手渡されるものではなく、古い車の価値分を新車の値引き分に反映させる手続きだからです。つまり、古い車に価値があると判断されれば、新車の値引き額が大きくなります。もちろん、少しでも高い価格で下取りしてもらうための交渉は可能です。

また、新車を購入することを前提としているため、価値がほとんどない古い車であっても価格がつくことがあります。何故価値がつくかといえば、新車の値引き可能額に幅を持たせているからです。下取り価格と値引き額の合計が限度を超えない限り、たとえ価値がゼロに近い古い車であっても価格を出してくれます。処分の手間が省けるだけでなく、下取り価格も出してくれるので得する気分になるでしょう。