ディーラーのデメリット

プラス査定が期待できず査定価格が低くなりがち

ディーラーで下取りしてもらう際の注意点として挙げられているのが、査定価格が低くなりがちであるという点です。中古車販売店で買取をしてもらう場合は、人気車種であったり装備やパーツの内容によってプラスの査定を受けることができます。そうすることで通常の相場よりも高く買い取ってもらえる可能性があるのですが、ディーラーの場合はメーカーの純正部品を利用している場合はプラス査定なし、それ以外の装備やパーツを利用している場合はマイナス査定になってしまうのです。 人気車種だからとプラス査定になることもなく、むしろマイナス査定される可能性が高いため、場合によっては相場と同じかそれより低い査定価格になる可能性があります。

車本来の価値や価格がわかりにくく自由になるお金がない

またディーラーで下取りをすると下取り価格はそのまま新車の購入費用の値引き額として利用されることが多く、売却したとしても自由に使えるお金が手に入らないところもデメリットとして挙げられます。しかも下取り価格に関して値引き交渉などを始めると、交渉によってどんどん下取り価格が変動していくので実際に自分の車がどの程度の価値であり、いくらで売却されるのが相場なのかがわかりにくくなっているのです。また査定価格は高額になりにくく相場と同じ程度になりやすいため、どんなに値引き交渉をしたとしても相場以上の価格で値引きしてもらうことは難しくなっています。 このように通常の車買取と比較すると、車の価値が曖昧になってしまう点はデメリットと言えます。